筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発やオピオイドの研究を行っています。

2015年12月15日~20日

長瀬教授Pacifichem 2015にて招待講演を行いました。
「Design and synthesis of novel ligands of opioid receptors」
PACIFICHEM(環太平洋国際化学会議)2015(アメリカ、ホノルル), 2015年12月15日~20日

2015年12月15日~20日

斉藤助教Pacifichem 2015にて招待講演を行いました。

「Electrochemical reduction by means of boron-doped diamond electrode」

「Discovery of novel orexin receptor agonists for controlling sleep/awake cycle」
PACIFICHEM(環太平洋国際化学会議)2015(アメリカ、ホノルル), 2015年12月15日~20日

2015年12月15日~20日

中嶋くん(D3)がPacifichem 2015にて発表を行いました。

「Synthesis of novel pentacyclic derivatives with propellane skeleton and their structure-activity relationships」

PACIFICHEM(環太平洋国際化学会議)2015(アメリカ、ホノルル), 2015年12月15日~20日

2015年12月11日

長瀬教授公益社団法人有機合成化学協会の代議員に就任することとなりました。

2015年12月3日

「オレキシン受容体作動薬」についての記事が、 本日(12月3日)の朝日新聞朝刊科学面に掲載されました。

http://digital.asahi.com/articles/ASHD26RXVHD2UBQU00L.html?_requesturl=articles/ASHD26RXVHD2UBQU00L.html

2015年11月27日

斉藤助教らが第33回メディシナルケミストリーシンポジウムにてMCS優秀賞を受賞しました。

キャプチャ

2015年11月6日

長瀬研究室の最近の研究結果がプレスリリースされました。

目覚めを制御する低分子医薬の発見 ~睡眠疾患の治療に大きな一歩~

IIISの長瀬博と柳沢正史は、世界中で試みられてきたにもかかわらず、これまで全く進展していなかったオレキシン受容体作動薬の創出に、世界で初めて成功しました。この作動薬をマウスに脳室内投与、腹腔内投与した実験により、内因性オレキシンと同等の覚醒効果とナルコレプシー症状の改善を確認しました。この成果は全く新しいナルコレプシー病因治療薬に繋がることが期待されます。

プレスリリース

論文

2015年11月4日

下記論文がFeatured Articleに採択されました。

T. Nagahara, T. Saitoh, N. Kutsumura, Y. Irukayama-Tomobe, Y. Ogawa, D.

Kuroda, H. Gouda, H. Kumagai, H. Fujii, M. Yanagisawa, H. Nagase

“Design and Synthesis of Non-Peptide, Selective Orexin Receptor 2 Agonists“

J. Med. Chem. 2015, 58, 7931-7937. (web)

jm-2015-00988p_0012

 

2015年10月29日

沓村准教授2015 ハロゲン利用ミニシンポジウム(第8回臭素化学懇話会年会 in 松江)にて招待講演を行いました。

「ワンポット位置選択的臭素化反応の開発とそれを利用した天然物合成」

2015年11月27日(金)

島根大学松江キャンパス(松江市西川津町1060)

 

2015年11月26日

斉藤助教第33回メディシナルケミストリーシンポジウムにて口頭発表を行いました。
「低分子オレキシン受容体アゴニストの創製」
2015年11月26日(木)9:00~9:20

幕張国際研修センター(千葉市)

1 2345

年別アーカイブ

研究室を志望される方へ

研究内容

研究業績

関連サイト

  • 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
  • 独立行政法人 日本学術振興会

PAGETOP

筑波大学 睡眠医科学研究棟4F

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 TEL/FAX 029-853-6568

コンタクト&アクセス

筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発や、オピオイドの研究を行っています。

Copyright (c) 2013. INTERNATIONAL INSTITUTE FOR INTEGRATIVE SLEEP MEDICINE All Rights Reserved.