筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発やオピオイドの研究を行っています。

2015 Invited Lectures / 2015 招待講演

T. Saitoh, T. Kojima, R. Obata, Y. Einaga, S. Nishiyama
Electrochemical reduction by means of boron-doped diamond electrode
Pacifichem 2015, Honolulu, USA, Dec. 2015

H. Nagase
Design and synthesis of novel ligands of opioid receptors
Pacifichem 2015, Honolulu, USA, Dec. 2015

沓村憲樹
第一部:ワンポット位置選択的臭素化反応の開発とそれを利用した天然物合成~Part 2~
第二部:抗トリコモナス活性を有するBNTX誘導体の構造活性相関
島根大学 中田研究室、島根大学松江キャンパス(松江)、2015年11月28日

沓村憲樹
ワンポット位置選択的臭素化反応の開発とそれを利用した天然物合成
2015 ハロゲン利用ミニシンポジウム(第8回臭素化学懇話会年会)、島根大学松江キャンパス(松江)、2015年11月27日

長瀬 博
ナルフラフィンの OX1R 拮抗作用と U-50488H の嫌悪作用との関係
第133回日本薬理学会関東部会ミニシンポジウム、柏の葉カンファレンスセンター、2015年10月10日

長瀬 博
患者ニーズに根ざした新薬開発 -難治性そう痒症治療薬を例にして-
第18回近畿薬剤師学術大会in神戸、神戸ポートピアホテル、2015年8月30日

Hiroshi Nagase
Study and Development of Opioid κ Agonist, Nalfurafine and their
Clinical Effects
テンプル大学(USA)、2015年7月2日

Hiroshi Nagase
DESIGN AND SYNTHESIS OF NOVEL δ OPIOID AGONISTS AND
THEIR PHARMACOLOGIES
Drug Discovery & Therapy World Congress 2015(USA)、2015年7月23日

長瀬 博
難治性掻痒症治療薬ナルフラフィンの研究開発
北海道大学、2015年7月16日

長瀬 博
難治性そう痒治療薬の研究開発
大日本住友製薬株式会社、2015年7月6日

長瀬 博
難治性そう痒治療薬の研究開発と痒みの最新メカニズム
富士フィルム株式会社、2015年6月30日

長瀬 博
痒みの最新メカニズムと難治性掻痒症治療薬のポイント
技術情報協会、東京、2015年3月31日

長瀬 博
δ作動薬の設計・合成
第88会日本薬理学会年会、名古屋国際会議場、2015年3月23日

長瀬 博
難治性掻痒症治療薬ナルフラフィンの研究開発とその作用機序
脳肝インターフェースメディシンセンター 分子神経科学部門シンポジウム 2015、KKRホテル金沢 3F、2015年3月16日

検索

年別アーカイブ

研究業績

研究室を志望される方へ

研究内容

研究業績

関連サイト

  • 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
  • 独立行政法人 日本学術振興会

PAGETOP

筑波大学 睡眠医科学研究棟4F

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 TEL/FAX 029-853-6568

コンタクト&アクセス

筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発や、オピオイドの研究を行っています。

Copyright (c) 2013. INTERNATIONAL INSTITUTE FOR INTEGRATIVE SLEEP MEDICINE All Rights Reserved.