筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発やオピオイドの研究を行っています。

2013 Presentations / 2013 一般講演

  1. 平山重人、和田直久、黒田直也、岩井孝志、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3,5-トリオキサアザトリキナン骨格を用いた化合物ライブラリーの構築”
    第31回 白金シンポジウム、東京、2013年12月
  2. 根本 徹、平山重人、岩井孝志、藤井秀明、長瀬 博
    “オピオイドδ受容体作動薬KNT-127誘導体の構造活性相関”
    第31回 白金シンポジウム、東京、2013年12月
  3. 東 永華、藤井秀明、平山重人、岩井孝志、飯原祐輔、根本 徹、長瀬 博
    “オピオイドδ受容体インバースアゴニストを指向したN-置換基の検討”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  4. 岡田卓大、根本 徹、飯原祐輔、野村俊宗、平山重人、岩井孝志、藤井秀明、長瀬 博
    “新規キノリンモルヒナン骨格を有するオピオイドδ受容体リガンドの合成”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  5. 木浦和哉、今出慧海、平山重人、藤井秀明、長瀬 博
    “オピオイドリガンドを指向したナルトレキソンからメセンブラン骨格への変換”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  6. 和田直久、平山重人、岩井孝志、根本 徹、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3,5-トリオキサアザトリキナン骨格を有するヘテロトリマーの合成”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  7. 黒田直也、和田直久、平山重人、岩井孝志、根本 徹、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3,5-トリオキサアザトリキナン骨格を用いた化合物ライブラリーの構築II”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  8. 林田康平、藤井秀明、平山重人、岩井孝志、根本 徹、酒井潤一、神田貴史、中田恵理子、長瀬 博
    “オキサアザトリシクロデカン構造を有するオピオイドδ受容体作動薬の設計と合成およびその薬理作用”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  9. 平山重人、和田直久、岩井孝志、根本 徹、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3,5-トリオキサアザトリキナン骨格を用いた化合物ライブラリーの構築I”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  10. 根本 徹、井田善洋、飯原祐輔、中嶋 龍、平山重人、岩井孝志、藤井秀明、長瀬 博
    “オピオイドδ受容体作動薬KNT-127の17位窒素置換基による受容体結合能及び作動活性への影響”
    第8回 北里化学シンポジウム、神奈川、2013年12月
  11. 稲垣 舞、沓村憲樹、齊藤隆夫
    “アリルアルコール誘導体からプロパルギルアルコール誘導体への新規変換反応の開発”
    第66回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東工大シンポジウム)、東京工業大学、2013年11月
  12. 江 雪、張 錦良、沓村憲樹、大谷 卓、齊藤隆夫
    N-イミドイル-2-アルキニルアニリン誘導体の位置選択的環化反応”
    第66回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東工大シンポジウム)、東京工業大学、2013年11月
  13. 木浦和哉、今出慧海、平山重人、藤井秀明、長瀬 博
    “オピオイドリガンドを志向したナルトレキソンからメセンブラン骨格への誘導”
    第31回 メディシナルケミストリーシンポジウム、アステールプラザ、2013年11月
  14. 根本 徹、井田善洋、平山重人、岩井孝志、藤井秀明、長瀬 博
    “オピオイドδ受容体作動薬KNT-127誘導体の構造活性相関”
    第31回 メディシナルケミストリーシンポジウム、アステールプラザ、2013年11月
  15. 中嶋 龍山本直司、平山重人、岩井孝志、根本 徹、藤井秀明、合田浩明、広野修一、長瀬 博
    “δ選択的プロペラン型キノリン誘導体の設計・合成およびその薬理作用”
    第31回 メディシナルケミストリーシンポジウム、アステールプラザ、2013年11月
  16. 林田康平、藤井秀明、平山重人、岩井孝志、根本 徹、酒井潤一、神田貴史、中田恵理子、長瀬 博
    “オキサアザトリシクロデカン構造を有するオピオイドδ受容体作動薬の設計と合成およびその薬理作用”
    第31回 メディシナルケミストリーシンポジウム、アステールプラザ、2013年11月
  17. 和田直久、平山重人、岩井孝志、根本 徹、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3,5-トリオキサアザトリキナン骨格を有するKOR選択的化合物の合成とその薬理作用”
    第31回 メディシナルケミストリーシンポジウム、アステールプラザ、2013年11月
  18. 山乙教之、長瀬 博、藤井秀明、広野修一
    “オピオイドアゴニストのκ/μ選択性についての3D-QSAR解析”
    第31回 メディシナルケミストリーシンポジウム、アステールプラザ、2013年11月
  19. 木浦和哉、今出慧海、平山重人、藤井秀明、長瀬 博
    “ナルトレキソンを出発原料としたメセンブラン骨格への変換”
    第39回 反応と合成の進歩シンポジウム、九州大学医学部、2013年11月
  20. 中嶋 龍山本直司、岩井孝志、平山重人、根本 徹、藤井秀明、長瀬 博
    “プロペラン骨格を有する新規五環性化合物の合成とその構造活性相関”
    第39回 反応と合成の進歩シンポジウム、九州大学医学部、2013年11月
  21. 林田康平、藤井秀明、平山重人、岩井孝志、根本 徹、酒井潤一、神田貴史、中田恵理子、長瀬 博
    “オキサアザトリシクロデカン構造を有するオピオイドδ受容体作動薬の設計と合成”
    第39回 反応と合成の進歩シンポジウム、九州大学医学部、2013年11月
  22. 和田直久、平山重人、岩井孝志、根本 徹、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3,5-トリオキサアザトリキナン骨格を有するヘテロトリマーの合成”
    第39回 反応と合成の進歩シンポジウム、九州大学医学部、2013年11月
  23. 稲垣 舞、沓村憲樹、齊藤隆夫
    “アリルアルコール誘導体からプロパルギルアルコール誘導体への新規変換反応の開発”
    第3回 CSJ化学フェスタ(2013)、タワーホール船堀、2013年10月
  24. 江 雪、張 錦良、沓村憲樹、大谷 卓、齊藤隆夫
    “触媒を用いたN-イミドイル-2-アルキニルアニリン誘導体の位置選択的環化反応”
    第3回 CSJ化学フェスタ(2013)、タワーホール船堀、2013年10月
  25. 木浦和哉、今出慧海、平山重人、藤井秀明、長瀬 博
    “ナルトレキソンを出発原料としたメセンブラン骨格への変換”
    第57回 日本薬学会関東支部大会、東京、2013年10月
  26. 大土俊文、沓村憲樹、大谷 卓、齊藤隆夫
    “トリフルオロメタンスルホン酸を用いた3-アルキリデンオキシインドール誘導体の合成”
    第43回 複素環化学討論会、長良川国際会議場、2013年10月
  27. 江 雪、張 錦良、荒木里之、沓村憲樹、大谷 卓、齊藤隆夫
    “触媒を用いたN-イミドイル-2-アルキニルアニリン誘導体の位置選択的環化反応”
    第43回 複素環化学討論会、長良川国際会議場、2013年10月
  28. 舘野航太郎、小川理絵、大谷 卓、沓村憲樹、齊藤隆夫
    “ジアルキニルカルボジイミドの分子内環化反応によるピロロナフチリジン合成と蛍光特性”
    第43回 複素環化学討論会、長良川国際会議場、2013年10月
  29. 中嶋 龍山本直司、平山重人、岩井孝志、根本 徹、藤井秀明、合田浩明、広野修一、長瀬 博
    “プロペラン-キノリン型δ選択的化合物の設計・合成およびその薬理作用”
    第43回 複素環化学討論会、長良川国際会議場、2013年10月
  30. 舘野航太郎、小川理絵、沓村憲樹、大谷 卓、齊藤隆夫
    “L字型含窒素複素環化合物の合成とその物性”
    2013年電気化学秋季大会、東京工業大学、2013年9月
  31. 藤井秀明、林田康平、渡邉義一、齊藤大祐、高橋俊弘、酒井潤一、中田恵理子、神田貴史、岩井孝志、平山重人、根本 徹、山川富雄、長瀬 博
    “オキサアザトリシクロデカン骨格を有する新規オピオイドδ受容体作動薬の設計と合成、およびその薬理作用2”
    第33回 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム、神戸、2013年9月
  32. Y. Watanabe, K. Hayashida, D. Saito, T. Takahashi, J. Sakai, E. Nakata, T. Kanda, T. Iwai, S. Hirayama, T. Nemoto, H. Fujii, T. Yamakawa, H. Nagase
    “Design, Synthesis and Pharmacology of Opioid Delta Agonists with a Novel Fundamental Oxazatricyclodecane Structure”
    The 44th International Narcotics Research Conference, Australia, Jul. 15th, 2013.
  33. 沓村憲樹、桐迫瑛人、松原悠介、本条琢也、扇谷忠明、西山 繁、齊藤隆夫
    “光学活性γ-ラクトンを新規キラル合成素子とした生物活性天然物の全合成”
    新規素材探索研究会 第12回セミナー、新横浜フジビューホテル、2013年6月

検索

年別アーカイブ

研究業績

研究室を志望される方へ

研究内容

研究業績

関連サイト

  • 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
  • 独立行政法人 日本学術振興会

PAGETOP

筑波大学 睡眠医科学研究棟4F

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 TEL/FAX 029-853-6568

コンタクト&アクセス

筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発や、オピオイドの研究を行っています。

Copyright (c) 2013. INTERNATIONAL INSTITUTE FOR INTEGRATIVE SLEEP MEDICINE All Rights Reserved.