筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発やオピオイドの研究を行っています。

2015 Presentations / 2015 一般講演

  1. T. Saitoh, T. Nagahara, N. Kutsumura, Y. Irukayama, Y. Ogawa, H. Fujii, M. Yanagisawa, H. Nagase
    “Discovery of novel orexin receptor agonists for controlling sleep/awake cycle”
    Pacifichem 2015, Honolulu, USA, Dec. 2015
  2. S. Ioka, T. Saitoh, S. Iwano, S. Maki, H. Niwa, M. Imoto, S. Nishiyama
    “Development of the new firefly luciferin analog aiming at detection of a free radical in the living body”
    Pacifichem 2015, Honolulu, USA, Dec. 2015.
  3. R. Nakajima, N. Yamamoto, S. Hirayama, T. Iwai, T. Nemoto, H. Fujii, H. Nagase
    “Synthesis of novel pentacyclic derivatives with propellane skeleton and their structure-activity relationships”
    Pacifichem 2015, Honolulu, USA, Dec. 2015
  4. 山本直司大類 彩岡田卓大斉藤 毅、入鹿山容子、小川靖裕、石川有紀子、柳沢正史、長瀬 博
    “オレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成”
    第33回 メディシナルケミストリーシンポジウム、幕張国際研修センター(千葉)、2015年11月
  5. 大下隆一郎、平山重人、斉藤  毅沓村憲樹、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3-Dioxa-5-thiazatriquinaneおよび1-oxa-3,5-dithiazatriquinane誘導体の合成とその薬理作用”
    第33回 メディシナルケミストリーシンポジウム、幕張国際研修センター(千葉)、2015年11月
  6. 岡田卓大、原田幸昌、今出慧海、山本直司、藤井秀明、長瀬 博
    “ナルトレキソンを用いる(-)-ガランタミンの合成”
    第33回 メディシナルケミストリーシンポジウム、幕張国際研修センター(千葉)、2015年11月
  7. 斉藤 毅、永原崇志、沓村憲樹、入鹿山容子、小川靖裕、黒田大祐、合田浩明、藤井秀明、柳沢正史、長瀬 博
    “低分子オレキシン受容体アゴニストの創製”
    第33回 メディシナルケミストリーシンポジウム、幕張国際研修センター(千葉)、2015年11月
  8. 小山恭章沓村憲樹中嶋 龍南雲康行斉藤 毅、宮田善之、藤井秀明、長瀬 博
    “抗トリコモナス活性を有するBNTX誘導体の効率的合成法、及び、新規転位反応の発見”
    第45回 複素環化学討論会、早稲田大学(東京)、2015年11月
  9. 岡田卓大、原田幸昌、今出慧海、山本直司、藤井秀明、長瀬 博
    “Naltrexoneを用いる(-)-Galanthamineの合成”
    第41回 反応と合成の進歩シンポジウム、近畿大学11月ホール(東大阪)、2015年10月
  10. 大下隆一郎、平山重人、館野航太郎、斉藤 毅沓村憲樹、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3-Dioxa-5-thiazatriquinaneおよび1-oxa-3,5-dithiazatriquinane誘導体の合成とその薬理作用”
    第41回 反応と合成の進歩シンポジウム、近畿大学11月ホール(東大阪)、2015年10月
  11. 岡田卓大斉藤 毅山本直司中嶋 龍、入鹿山容子、小川靖裕、富永 拡、石川有紀子、柳沢正史、長瀬 博
    “ナルフラフィンのオレキシン受容体に対する親和性”
    第35回 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム、和歌山県立情報交流センターBig.U(田辺)、2015年10月
  12. 小山恭章沓村憲樹中嶋 龍南雲康行、平山重人、斉藤 毅、宮田善之、藤井秀明、長瀬 博
    “抗トリコモナス活性を有するBNTX誘導体の構造活性相関”
    第35回 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム、和歌山県立情報交流センターBig.U(田辺)、2015年10月
  13. Chrismawan Ardianto、池田弘子、米持奈央美、楊 立哲、山本章午、池上めぐみ、竹ノ谷文子、塩田清二、長瀬 博、亀井淳三
    “Hypothalamic opioid systems regulate feeding behavior through orexin and GABA neurons”
    第36回 日本肥満学会、名古屋、2015年10月
  14. 小山恭章沓村憲樹中嶋 龍南雲康行斉藤 毅、宮田善之、藤井秀明、長瀬 博
    “抗トリコモナス活性を有するBNTX誘導体の研究”
    第59回 日本薬学会 関東支部大会、日本大学(船橋)、2015年9月
  15. 岡田卓大、原田幸昌、今出慧海、山本直司、藤井秀明、長瀬 博
    “Naltrexoneを用いる(-)-Galanthamineの合成”
    第59回 日本薬学会 関東支部大会、日本大学(船橋)、2015年9月
  16. 大下隆一郎、平山重人、館野航太郎、斉藤 毅沓村憲樹、藤井秀明、長瀬 博
    “トリマー骨格のヘテロ原子変換の検討とその薬理作用”
    第59回 日本薬学会 関東支部大会、日本大学(船橋)、2015年9月
  17. 沓村憲樹、扇谷忠明、桐迫瑛人、松原悠介、松尾和紘、齊藤隆夫
    “ワンポット位置選択的臭素化反応を利用した天然物合成”
    第57回 天然有機化合物討論会、神奈川県民ホール(横浜)、2015年9月
  18. 小山恭章沓村憲樹長瀬 博、齊藤隆夫
    “酸を用いたo-アルキニル芳香族カルボジイミドの分子内ヘテロ Diels-Alder 反応”
    日本化学会 第95 春季年会2015、日本大学(船橋)、2015年3月
  19. 斉藤 毅、小島大輝、小畠りか、栄長泰明、西山 繁
    “ダイアモンド電極を活用した陰極還元反応”
    日本化学会 第95 春季年会2015、日本大学(船橋)、2015年3月
  20. 井岡秀二、斉藤 毅、岩野 智、牧 昌次郎、丹羽治樹、西山 繁、井本正哉
    “生体内フリーラジカルの検出を目的とした新規ホタルルシフェ リンアナログの開発”
    日本化学会 第95 春季年会2015、日本大学(船橋)、2015年3月
  21. 斉藤 毅山本直司中嶋 龍、入鹿山容子、小川靖裕、富永 拡、石川有紀子、柳沢正史、長瀬 博
    “ナルフラフィンのオレキシンに対する親和性とその薬理作用”
    脳肝インターフェースメディシンセンター 分子神経科学部門シンポジウム 2015、KKRホテル金沢、2015年3月
  22. 杉山 梓、斎藤顕宜、岡淳一郎、長瀬 博、山田光彦
    “δオピオイド受容体作動薬KNT-127の新規曝露療法併用薬としての可能性”
    第88回 日本薬理学会年会、名古屋国際会議場(名古屋)、2015年3月

検索

年別アーカイブ

研究業績

研究室を志望される方へ

研究内容

研究業績

関連サイト

  • 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
  • 独立行政法人 日本学術振興会

PAGETOP

筑波大学 睡眠医科学研究棟4F

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 TEL/FAX 029-853-6568

コンタクト&アクセス

筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発や、オピオイドの研究を行っています。

Copyright (c) 2013. INTERNATIONAL INSTITUTE FOR INTEGRATIVE SLEEP MEDICINE All Rights Reserved.