筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発やオピオイドの研究を行っています。

2016 Presentations / 2016 一般講演

  1. 小山恭章沓村憲樹鈴木優子中嶋 龍南雲康行斉藤 毅山本直司、宮田善之、長瀬 博
    “BNTX誘導体の抗トリコモナス活性の発見とその薬理作用”
    第34回メディシナルケミストリーシンポジウム、つくば国際会議場(つくば市)、2016年12月1日
  2. 関 知範中嶋 龍斉藤 毅、入鹿山容子、小川靖裕、石川有紀子、柳沢正史、長瀬 博
    “YNT-707のOX1Rアンタゴニスト活性発現のための必須構造の検討”
    第34回メディシナルケミストリーシンポジウム、つくば国際会議場(つくば市)、2016年12月 1日
  3. 大類 彩山本直司谷田誠浩岡田卓大斉藤 毅沓村憲樹南雲康行、入鹿山容子、石川有紀子、小川靖裕、平山重人、柳沢正史、長瀬 博
    “モルヒナン骨格を有するオレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成とその薬理作用”
    第34回メディシナルケミストリーシンポジウム、つくば国際会議場(つくば市)、2016年11月30日
  4. 谷田誠浩山本直司南雲康行長瀬 博
    “ナルフラフィンの活性立体配座の固定による鎮静作用の分離”
    第34回メディシナルケミストリーシンポジウム、つくば国際会議場(つくば市)、2016年11月30日
  5. 堀内惇平沓村憲樹大下隆一郎、館野航太郎、山本直司斉藤 毅、河合英敏、長瀬 博
    “五硫化二リンを利用した新奇アダマンタン型化合物の合成”
    第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)、新潟薬科大学新津駅東キャンパス(新潟市)、2016年11月26日
  6. 大下隆一郎沓村憲樹南雲康行斉藤 毅、平山重人、藤井秀明、長瀬 博
    “硫黄原子を導入したトリマー骨格の合成とその薬理作用の研究”
    第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)、新潟薬科大学新津駅東キャンパス(新潟市)、2016年11月26日
  7. 鈴木優子沓村憲樹小山恭章南雲康行斉藤 毅山本直司長瀬 博
    “BNTX誘導体合成における新奇転位反応の発見とその反応機構の解明”
    第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)、新潟薬科大学新津駅東キャンパス(新潟市)、2016年11月26日
  8. 大下隆一郎沓村憲樹南雲康行斉藤 毅、平山重人、藤井秀明、長瀬 博
    “1,3-Dioxa-5-thiazatriquinaneおよび1-oxa-3,5-dithiazatriquinane誘導体の合成とその薬理作用”
    第6回CSJ化学フェスタ(2016)、タワーホール船堀(東京)、2016年11月16日
  9. 堀内惇平沓村憲樹大下隆一郎、館野航太郎、山本直司斉藤 毅、河合英敏、長瀬 博
    “五硫化二リンを利用した新奇アダマンタン型化合物の合成”
    第6回CSJ化学フェスタ(2016)、タワーホール船堀(東京)、2016年11月14日
  10. 斉藤 毅、内藤 雄、川端有紀、河 晧平、柏木恒雄、長瀬 博、跡部真人、淵上寿雄、西山 繁
    “有機電解反応を活用した字アリールエーテル骨格含有天然物の合成研究”
    第42回反応と合成の進歩シンポジウム、清水文化会館マリナート(静岡市)、2016年11月8日
  11. 張 岩斉藤 毅、栄長泰明、西山 繁、長瀬 博
    “ホウ素ドープダイヤモンド電極を活用したフェニルアセトン類の電解還元反応”
    第42回反応と合成の進歩シンポジウム、清水文化会館マリナート(静岡市)、2016年11月8日
  12. 小山恭章沓村憲樹鈴木優子中嶋 龍南雲康行斉藤 毅山本直司長瀬 博
    “BNTX誘導体の新奇転位反応の発見とその反応機構の解明”
    第42回反応と合成の進歩シンポジウム、清水文化会館マリナート(静岡市)、2016年11月7日
  13. 斎藤顕宜、中田恵理子、後藤玲央、廣瀬雅朗、酒井潤一、小松隆男、藤井秀明、山田光彦、長瀬 博、山川富雄
    “A novel δ opioid receptor agonist NC-2800 produces anxiolytic-like and antidepressant-like effects in animal models”
    Society for Neuroscience annual meeting 2016、San Diego, USA、2016年11月12日
  14. 山口重樹、南雲康行、余宮きのみ、成田年
    “オピオイド鎮痛薬による精神依存形成の神経ネットワーク-オレキシン神経による修飾機構”
    第51回日本アルコール・アディクション医学会学術総会、タワーホール船堀(東京)、2016年10月7日
  15. 岡田卓大山本直司、原田幸昌、今出慧海、斉藤 毅沓村憲樹、藤井秀明、長瀬 博
    “(-)-Galanthamineの合成研究”
    第46回複素環化学討論会、金沢歌劇座(金沢市)、2016年9月27日
  16. 堀内惇平沓村憲樹大下隆一郎、館野航太郎、山本直司斉藤 毅、河合英敏、長瀬 博
    “五硫化二リンを利用した新奇アダマンタン型化合物の合成”
    第46回複素環化学討論会、金沢歌劇座(金沢市)、2016年9月26日
  17. 関 知範中嶋 龍斉藤 毅、入鹿山容子、小川靖裕、石川有紀子、柳沢正史、長瀬 博
    “YNT-707のOX1R拮抗作用発現のための必須構造の検討”
    第60回日本薬学会関東支部大会、東京大学、2016年9月17日
  18. 岡田卓大山本直司谷田誠浩大類 彩斉藤 毅沓村憲樹南雲康行、入鹿山容子、石川有紀子、小川靖裕、平山重人、柳沢正史、長瀬 博
    “モルヒナン骨格を有する新規オレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成②”
    第60回日本薬学会関東支部大会、東京大学、2016年9月17日
  19. 大類 彩山本直司谷田誠浩岡田卓大斉藤 毅沓村憲樹南雲康行、入鹿山容子、石川有紀子、小川靖裕、柳沢正史、長瀬 博
    “モルヒナン骨格を有する新規オレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成①”
    第60回日本薬学会関東支部大会、東京大学、2016年9月17日
  20. 斉藤 毅
    第27回新薬創製談話会、つくば、2016年8月30日
  21. 山本直司
    “ナルフラフィンの構造を基にしたオレキシン1受容体選択的拮抗薬の設計・合成およびその薬理作用”
    第36回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム、北海道大学、2016年8月19日
  22. 谷田誠浩
    “新規ビシクロ[2.2.2]オクテン骨格を有するκ受容体選択的作動薬の合成と薬理評価”
    第36回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム、北海道大学、2016年8月19日
  23. Yasuaki Koyama, Noriki Kutsumura, Ryo Nakajima, Yasuyuki Nagumo, Tsuyoshi Saitoh, Yoshiyuki Miyata, Hiroshi Nagase
    “Investigation of 7-benzylidenenaltrexone derivatives as a novel structural antitrichomonal lead compound”
    The International Narcotics Research Conference 2016, Bath, England, 2016年7月11日
  24. Yasuaki Koyama, Noriki Kutsumura, Ryo Nakajima, Yasuyuki Nagumo, Tsuyoshi Saitoh, Yoshiyuki Miyata, Hiroshi Nagase
    “Development of efficient synthesis of antitrichomonal BNTX derivatives and discovery of new rearrangement reaction”
    The 25th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, Keio Plaza Hotel Tama, 2016年5月16日
  25. Naoshi Yamamoto, Masahiro Yata, Sayaka Ohrui, Takahiro Okada, Tsuyoshi Saitoh, Noriki Kutsumura, Yasuyuki Nagumo, Yoko Irukayama-Tomobe, Yukiko Ishikawa, Yasuhiro Ogawa, Daisuke Kuroda, Hiroaki Gouda, Masashi Yanagisawa, Hiroshi Nagase
    “Synthesis of Novel, Potent and Highly Selective Orexin 1 Receptor Antagonists with a Morphinan Skeleton”
    The 25th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, Keio Plaza Hotel Tama, 2016年5月16日
  26. Ryo Nakajima, Naoshi Yamamoto, Shigeto Hirayama, Takashi Iwai, Akiyoshi Saitoh, Yasuyuki Nagumo, Hideaki Fujii, Hiroshi Nagase
    “Design and Synthesis of κ Opioid Receptor Selective Ligand with a Propellane Skeleton”
    日本化学会第96春季年2016、同志社大学(京田辺市)、2016年3月
  27. Tsuyoshi Saitoh, Takashi Nagahara, Noriki Kutsumura, Yoko Irukayama, Yasuhiro Ogawa, Daisuke Kuroda, Hiroaki Gouda, Hideaki Fujii, Masashi Yanagisawa, Hiroshi Nagase
    “Development of non-peptide orexin receptor agonists for controlling sleep/wake cycle”
    日本化学会第96春季年会2016、同志社大学(京田辺市)、2016年3月

 

検索

年別アーカイブ

研究業績

研究室を志望される方へ

研究内容

研究業績

関連サイト

  • 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
  • 独立行政法人 日本学術振興会

PAGETOP

筑波大学 睡眠医科学研究棟4F

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 TEL/FAX 029-853-6568

コンタクト&アクセス

筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発や、オピオイドの研究を行っています。

Copyright (c) 2013. INTERNATIONAL INSTITUTE FOR INTEGRATIVE SLEEP MEDICINE All Rights Reserved.