筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発やオピオイドの研究を行っています。

2017 Presentations / 2017 一般講演

  1. Sayaka Ohrui, Naoshi Yamamoto, Masahiro Yata, Takahiro Okada, Tsuyoshi Saitoh, Noriki Kutsumura, Yasuyuki Nagumo, Yoko Irukayama-Tomobe, Yukiko Ishikawa, Yasuhiro Ogawa, Shigeto Hirayama, Masashi Yanagisawa, Hiroshi Nagase
    “Design and synthesis of orexin 1 receptor selective antagonists”
    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2017, つくば国際会議場(つくば)、2017年9月26日
  2. Masahiro Yata, Naoshi Yamamoto, Yasuyuki Nagumo, Hiroshi Nagase
    “Design and synthesis of novel κ opioid receptor agonists isolating both sedation and aversion”
    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2017, つくば国際会議場(つくば)、2017年9月26日
  3. 鈴木優子沓村憲樹小山恭章南雲康行斉藤 毅山本直司長瀬 博
    “BNTX誘導体合成における新奇転位反応の発見とその反応機構の解明”
    第61回日本薬学会関東支部大会、慶應薬(東京)、2017年9月16日
  4. 大類 彩山本直司岡田卓大谷田誠浩斉藤 毅沓村憲樹南雲康行、入鹿山容子、石川有紀子、小川泰裕、渡邊友里恵、早川大地、合田浩明、柳沢正史、長瀬 博
    “オレキシン1受容体拮抗薬YNT-707の必須構造部位検討”
    第61回日本薬学会関東支部大会、慶應薬(東京)、2017年9月16日
  5. 宮田義之、吉田菜穂子、長瀬 博、藤井秀明、沓村憲樹、永富良一、仲村健二郎、馬島敏郎
    “クロロキン耐性マラリアに対する耐性克服剤としてのBNTX ~2020年東京オリンピックを見据えて~”
    第72回日本体力医学会大会、松山大学(松山)、2017年9月18日
  6. 谷田誠浩山本直司南雲康行長瀬 博
    “鎮静作用を分離したナルフラフィンの設計・合成”
    第37回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム、東京慈恵会医科大学(東京)、2017年9月9日
  7. Masahiro Yata, Naoshi Yamamoto, Yasuyuki Nagumo, Hiroshi Nagase
    “Design and synthesis of novel κ opioid receptor agonists isolating both sedation and aversion”
    The International Narcotics Research Conference 2017, Chicago, USA, 2017年7月10日
  8. 大下隆一郎沓村憲樹堀内惇平、館野航太郎、山本直司斉藤 毅、河合英敏、長瀬 博
    “五硫化二リンを用いた新奇アダマンタン型化合物の合成と硫化試薬への応用”
    第6回JACI/GSCシンポジウム、東京国際フォーラム・ホールB(東京)、2017年7月4日
  9. 前田健汰大類 彩、渡邉義一、藤井秀明、沓村憲樹長瀬 博
    “14-アミノナルトレキソンの異常アセチル化反応”
    第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム)、学習院大学(東京)、2017年5月20日
  10. 張 岩斉藤 毅、栄長泰明、西山 繁、長瀬 博
    “ホウ素ドープダイヤモンド電極を活用したフェニルアセトン類の電解還元反応”
    第73回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(目白シンポジウム)、学習院大学(東京)、2017年5月20日

検索

年別アーカイブ

研究業績

研究室を志望される方へ

研究内容

研究業績

関連サイト

  • 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構
  • 独立行政法人 日本学術振興会

PAGETOP

筑波大学 睡眠医科学研究棟4F

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 TEL/FAX 029-853-6568

コンタクト&アクセス

筑波大学WPI-IIIS長瀬研究室(創薬化学)では、オレキシン作動薬の開発や、オピオイドの研究を行っています。

Copyright (c) 2013. INTERNATIONAL INSTITUTE FOR INTEGRATIVE SLEEP MEDICINE All Rights Reserved.